『羽生 21世紀の将棋』(朝日出版社) – 著者: 保坂 和志 – 高橋 源一郎による書評

書評総合

『羽生 21世紀の将棋』(朝日出版社) 著者:保坂 和志
スパコンと羽生と将棋と文学
実は、わたくし、将棋の羽生七冠王と「対局」したことがある。将棋で?まさか。モノポリーである。羽生七冠王に、糸井重里魚釣王を含む豪華メンバーで行われたその「対局」では、前半大きく出遅れながら直線鋭く追い込んだ羽生七冠王の豪脚に目を見張った。いや、それより「すいません。あなたのお持ちになっている黄色いカード二枚とわたしの側の鉄道会社二枚との交換に関して交渉させていただけないでしょうか」というあまりにも丁寧な交渉態度に、思わず「ご親切な提案、さっそく社に持ち帰り上司と相談の上、ご期待に沿えるような回答を致したいと存じます」と口走ってしまったことが思い出深い(ウソ、ウソ)。棋士という種族の頭脳は、「コンピューター」と呼びたくなるような作りになっているが、中でも羽生さんはその代表的存在といわれている。回転が早く、記憶力ものすごく、勘に優れ、さらに付け加えて文学好きでユーモアたっぷり、と話していてこっちが嬉しくなってしまうような方だけに、「文学」戦線の側からその中身をぜひ検討してみたいと思う人が現れてもまったく不思議ではない。それが、保坂和志小説王の『羽生 21世紀の将棋』(朝日出版社)だ。『羽生』のなにより素晴らしいところは、徹底して将棋について書かれていることである。この本の主人公である羽生さんは将棋のチャンピオンだ。だから、羽生さんが将棋のどの部分で時代を画しているのかがわからなければ、彼のすごさはわからない。しかし、わたしのように将棋がほとんどわからない人間は、どうやって羽生さんのすごさをわかれ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました