「終焉ノ花嫁 1」綾里けいし MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは綾里けいしさんの「終焉ノ花嫁 1」です!ストーリー A内容は、突如出現したキヘイによって蹂躙された世界。キヘイへの対抗手段として魔導学園・黄昏院では学徒たちが日々訓練を続けていた。魔導研究科に所属するカグロ・コウは調査のために遺跡を訪れる。しかし運の悪いことにキヘイに襲われ絶対絶命のピンチ。そこに現れたのはキヘイの少女。白姫。彼女はコウと契約(婚姻)を結び彼の力になることを誓う。だがそれは悪夢のような日々の始まりに過ぎなかった…とこんな感じです!〜終わらない地獄で君と〜綾里けいしさんの新作!かなりダークなテイストのファンタジーでしたね。終盤で発覚する敵の正体など最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!世界がキヘイによって蹂躙された世界。魔導学園に所属するコウは遺跡に調査中に命を落としかけます。コウのピンチを助けたのがキヘイの少女・白姫。彼女と契約をしたコウは、キヘイと契約した学徒の部隊<百鬼夜行>に配属されることに。序盤からダークさ全開でいい感じですね…追い込まれた人類の敵でありながら契約を結ぶことで人の助けになるキヘイ、キヘイとの契約を婚姻といい、契約者である人間との関係が花婿・花嫁というのも面白かったですね。そして始まる百鬼夜行での日々。先輩を戦ったり、キヘイに襲われた他の学徒を助ける任務をこなしたり、白姫とイチャイチャしたり…どこか雰囲気に陰りはりながらも、学園もの的な描写も随所に見られるのがグッドでした!そしてはじまるキヘイたちの大規模

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました