『ビール職人、美味いビールを語る』(光文社) – 著者: 山田 一巳,古瀬 和谷 – 永江 朗による書評

書評総合

『ビール職人、美味いビールを語る』(光文社) 著者:山田 一巳,古瀬 和谷
ビールは生き物なんです
ビールがおいしい季節になりました、というのは手紙の書き出しの定番だけれども、ほんとビールがうまい。うまいビールをもっとうまく飲みたい! というわけで山田一巳・古瀬和谷『ビール職人、美味いビールを語る』を読んだ。山田はキリンビールで「ハートランド」や「一番搾り」などの開発にかかわり、現在は八ケ岳の地ビール醸造長を務める。ノンフィクション・ライターの古瀬が聞き書きしたのが本書だ(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2002年)。うまいビールの飲み方紹介というよりも、ビール職人の半生記というべき本なのだが、山田の人生を通して、ビールとは何かが見えてくる。最初のほうに、「ビールというのは生き物なんです」という山田の言葉が出てくる。大麦を発芽させるのも、モルトのデンプンが酵素の作用で糖化するのも、酵母の力でアルコールと炭酸ガスを発生させる発酵も、すべてが自然の力。職人の仕事は機械の操作ではなく、麦芽や酵母の機嫌をうかがい、彼らをうまく働かせること。山田は発酵過程で酵母に「もうちょっと(糖分を)食ってくれよ」と囁きかけたという。できあがったビールも生きている。注ぎかたにもコツがあるし、買ったビールは早く飲んだほうがいい。日向に置きっぱなしなんてもってのほか。運ぶときも飲むときも、生き物だと思って優しく扱え。相原恭子『もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ』(岩波アクティブ新書)は、ビールを切り口にしたドイツ案内。このなかに、なぜ修道院でビールが造られたのかが出てくる。かつてビール

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました