夏休み企画〈書評でGo on a Trip!〉オセアニア・極地・世界旅行編 – AR事務局による読書日記

書評総合
世界各地を〈書評〉で巡る〈書評でGo on a Trip!〉企画、ラストはオセアニア編・極地・世界旅行編です!※Special Thanks!:書評推薦者 くるくるさん、hiroさん、やすだともこさん 、Fabioさん
オセアニアにGo!
【オーストラリア】 ■ケイト・グレンヴィル『闇の河 THE SECRET RIVER』(現代企画室)
評者:鴻巣 友季子
訳者は豪州の三神話として、(1)流罪となった者は元々イギリス階級社会の犠牲者だという解釈(2)罪びとが危険な未開の地で立派な開拓者となり更生するという筋書き(3)開拓者と先住民の邂逅(かいこう)・接触――を挙げているが、求心的な国家神話として機能してきたのは、(1)と(2)。本書でいえば、ソーンヒルがささやかな成功を収める所までだ。『闇の河』は中々折り合いのつかない(3)の部分に、全体の三分の二以上を割いている。(この書評を読む)

『闇の河 THE SECRET RIVER』(現代企画室) 著者:ケイト・グレンヴィル
【オーストラリア】 ■ナム・リー『ボート』(新潮社)
評者:阿刀田 高
『ボート』は7編からなる短編小説集。冒頭の「愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲」はアイオワで小説を学んでいる主人公のところへベトナム戦争で苦しんだ父が訪ねて来る。戦争を熟知している父、体験のないままそれを小説のテーマにしようとしている主人公、家族間の境遇の差や感情の乖離もあって作品のタイトル通りのくさぐさが二人のあいだに見え隠れする。(この書評を読む)

『ボート』(新潮社) 著者:ナム・リー
【オーストラリア】 ■岩城 けい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました