自然な笑顔を自撮りでするのが難しかったり ダラダラよりメリハリが大事と再認識した一日 [日記 2020.8.17]

書評総合
2020年8月17日(月)の日記。
先週一週間意図的に執筆をゆるめてのんびりしてみたが、飽きたので終了。
僕はダラダラすることに喜びをあまり感じないんだなと再認識した。
むしろ遊びも仕事もメリハリを効かせて徹底的に楽しむ方が性に合っている。
というわけで、褻の日再開。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

今日の一面TOP 笑顔の練習が難しい
▲ 今日のいでたちを撮るようになってから、自分の顔や身体をしっかり客観視するようになってきた。
で、最近「自然な笑顔」をと思うのだが、これがなかなか難しい。
本当に楽しいときには笑顔なんだろうけど、一人でiPhoneに向かって笑うのは結構ハードルが高い。
表情筋を鍛えないといかんのだな、きっと。
しばらく練習してみよう。
今日はこんな一日
夏の勢いが止まりつつある朝の海
▲ 朝の海。
立秋もお盆も過ぎて、いよいよ真夏の勢いもそろそろピークアウトという感じだろうか。
 
▲ 全体にモヤがかかっていて水平線が霞んでいる。
 
▲ 波も風もなく静かで穏やかな海。
 
▲ 雲も心なしか秋めいている。
 
▲ まだまだ全体は夏模様だが、ちょっとずつ秋の気配を感じる朝だ。
午後半休は終了して褻の日再開
▲ 最初は8月いっぱい午後半休しようと思っていたのだが、一週間で飽きてしまった。
僕はやはり「褻の日」と「ハレの日」を明確に分けて、メリハリを効かせる方がダラダラするより性に合っている。
というわけで、今日から水曜

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました