【書評:1707冊目】仮想空間シフト(尾原和啓、山口周)

書評総合
【仮想空間が創る”新たな道”】
フューチャリスト・尾原和啓氏と著述家・山口周氏が、『仮想空間シフト』と題して、コロナという強烈な圧力により起こる社会変革を考察しながら、新たな生き方・働き方を提言する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
コロナによって起こった変化。
どんな変化がありましたか?
 
本書は、『仮想空間シフト』という言葉をキーワードに、コロナがもたらす社会の変革を考察しながら、新たな時代の生き方・働き方を提言する一冊。
 
進化論で有名なダーウィンは云います。
「生き残る種とは、変化に最もよく適応したものである」と。
 
そして、今。
新型コロナウィルスによって、人類は”変化”の圧力を受けています。
 
この”変化”に適応して、進化できる人を一人でも多く増やしたい。
その想いを共有する2人の著者が、熱量高く語り合ったのが本

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました