「落第魔術師を伝説にするまでの果てなき英雄譚 1」榎本快晴 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは作者さんの「落第魔術師を伝説にするまでの果てなき英雄譚 1」です!ストーリー A内容は、魔法が失われた世界で遺跡を盗掘して日々を生きるアラン。彼はある日遺跡で伝説の大英雄の杖を拾ったことをきっかけに過去にタイムスリップしてしまう。魔法がまだある豊かな世界で、大英雄を探し出し杖を売りつけようと考えるアラン。しかし彼が出会った大英雄のグレイは魔法学院に入学すらできない落ちこぼれだった!しかも後世で語られるグレイの伝説の数々は彼女の口からでた嘘八百!大英雄に憧れるアランは彼女を史実通り大英雄にするために行動を始める…とこんな感じです!〜過去にタイムスリップしたら未来の英雄は超ポンコツ⁉︎〜榎本快晴さんの新作!「邪竜認定」は既読で榎本さんの作品を読むのは2作目になりますね。まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!王道かつキャラがすごく魅力的なファンタジー!未来からタイムスリップしてきた主人公がポンコツ大英雄を本物の大英雄にしていく過程が読んでいてすごくワクワクしました!すごく面白かったです!魔法が失われた世界で遺跡の盗掘をして過ごすアラン。彼は遺跡で伝説の大英雄のグレイの杖を見つける。その杖を手に取るとなんと過去にタイムスリップ!というのが序盤のお話。アランの境遇、魔法が失われた世界、そして過去へのタイムスリップがテンポ良く語られていて好印象ですね!そして過去にやってきたアランはグレイに杖を高値で売りつけるべく、魔法学院へ。しかし過去のグレイは魔王学院に入

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました