夏休み企画〈書評でGo on a Trip!〉中東編 – AR事務局による読書日記

書評総合
世界各地を〈書評〉で巡る〈書評でGo on a Trip!〉企画、続いては中東編です!
中東にGo!
【トルコ】 ■ジョナサン・ハリス『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』(白水社)
評者:本村 凌二
六世紀のユスティニアヌス帝のころビザンツ帝国は最盛期をむかえる。ローマ帝国の大半を征服し、首都には斬新にして壮麗な聖ソフィア教会が建てられる。史上最高額の建造物は異民族に畏敬の念をいだかせ帝国にひれ伏させるのに絶大な効果をもった。(この書評を読む)

『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』(白水社) 著者:ジョナサン・ハリス
【トルコ】 ■ウラジーミル・アレクサンドロフ『かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた:二つの帝国を渡り歩いた黒人興行師フレデリックの生涯』(白水社)
評者:若島 正
そして若いロシア貴族の女性が「女給」として働いていたコンスタンティノープルでの、昔日の恋愛映画を観るような哀切極まりないエピソード。「複数の外国人が、亡命ロシア人将校がレストランの席からさっと立ちあがり、厳粛な面持ちで女給の手に口づけするのを目撃している。将校と女給はかつてまったく違う世界で暮らしていたときの知り合いどうしだったのだ」(この書評を読む)

『かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた:二つの帝国を渡り歩いた黒人興行師フレデリックの生涯』(白水社) 著者:ウラジーミル・アレクサンドロフ
【トルコ】 ■オルハン・パムク『僕の違和感』(早川書房)
評者:小野 正嗣
どの土地にも郷愁を誘う「声」が存在する。その声に運ばれて届く、喪失を運命づけられて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました