『こども遊び大全―懐かしの昭和児童遊戯集』(新宿書房) – 著者: 遠藤 ケイ – 藤森 照信による書評

書評総合

『こども遊び大全―懐かしの昭和児童遊戯集』(新宿書房) 著者:遠藤 ケイ
昔よくやった集団の肉体運動五六種
縁側に腰かけて『こども遊び大全』(新宿書房)に目を通していると、隣の中学生が通りがかったから、呼んで、この本に登録されている五十六種類の遊びのうちいくつかやったことがあるか聞いてみた(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1991年)。ベーゴマ、クギ遊び、竹馬、竹トンボ、鉛筆野球、カン蹴り、チャンバラ、かごめかごめ、らくがき、羽根つき……などなどはやったことのない方で、経験済みはメンコ、こま、だるまさんが転んだ、石けり、ほかのわずか六種類。一世代たったかたたぬかの間に、昔のこども遊びは壊滅状態におちいったことになる。なぜすたれたかは、よく言われるように子供の地域単位の集団が消えたからにちがいない。昔の遊びはすべて三人以上を前提にしており(やれば可能だが二人でチャンバラはしなかった)、今のように一人か二人でしか遊ばないなら、テレビやゲームが一番面白いのは当然である。こうした子供の単独者化は一般に都会の特徴と思われがちだが、そんなことはなくて、田舎も同様で、村の縄張り内の子供は昔とちがって一学年に男一人女一人いるかどうかだから、三人以上の集団は成り立ちづらい。子供の遊びは、集団の肉体的遊びからテレビやゲームといった一人の情報的遊びへと大きく変わったわけだが、このことについて、時代や社会全体が情報化しているのだから当然の結果だし、小さいうちから情報的遊びをやるのはむしろ将来のために好ましいではないか、という考え方もある。しかし、私はどうし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました