『ルイ十五世―ブルボン王朝の衰亡』(中央公論社) – 著者: G・P・グーチ – 鹿島 茂による書評

書評総合

『ルイ十五世―ブルボン王朝の衰亡』(中央公論社) 著者:G・P・グーチ
ビジネスマン向けの歴史雑誌などでしばしば戦国の武将たちが取り上げられ、彼らの生き方に何を学ぶかが論じられている。しかし乱世の英雄というものは凡人がまねしようとしてもまねできるようなものではない。危機管理ということなら、むしろ、打倒されてしまった旧体制の無能な人間の方が役に立つ。なぜなら彼らがどのように無能だったかを研究し、他山の石とすることは、凡人にとっても決して不可能なことではないからである。この点、絶対王政を築いた太陽王ルイ十四世の跡を受けながら、王朝崩壊の原因を作ったルイ十五世ほど格好の研究対象はあるまい。著者のグーチによれば、ルイ十五世の最大の不幸は「彼が超人でなかったこと」にある。というのも、ルイ十四世が作り上げた絶対王政は彼自身のような半神的な支配者を必要とする体制だったにもかかわらず、その体制を継承したルイ十五世は意志、責任感に欠けた怠惰で凡庸な君主でしかなかったからである。ブルボン王朝崩壊のもう一つの原因はルイ十四世の長すぎた治世そのものにあった。すなわち、太陽王の犯した最大の誤りは「あまりにも長く生きすぎた」ことである。おかげで息子も孫も先に没してしまい、彼が崩御したとき跡を継いだのは五歳の曾孫(ひまご)だった。しかも摂政オルレアン公は名うての快楽主義者だったから少年王は家庭教師の司教フルーリに任せきりにされ、甘やかされて育てられた。そのためルイ十五世が親政を執ったとき、政治の実権はこの家庭教師の手に帰すことになった。狩猟、賭博、それに食事にしか関心をもたなかった若い王は、「仕事にはうん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました