『噂の娘』(講談社) – 著者: 金井 美恵子 – 豊崎 由美による書評

書評総合

『噂の娘』(講談社) 著者:金井 美恵子
観たことあるでしょう、映画の冒頭で。「さあ、今、この場所からお話は始まるんですよ」といわんばかりに、町並みを俯瞰で流し撮るシーンを。洋品店や電器屋が並ぶ人通りもまばらな商店街の風景に、編み物教室で何台もの編み物機がたてる、じゃあーっ、じゃあーっという音や、その真向かいのパチンコ店が鳴らす軍艦マーチのやかましい旋律がかぶり――。金井美恵子の『噂の娘』は、そんな映画的な描写で幕を開ける。一九五〇年代の晩夏、父親が入院したため知人の美容院に弟と二人預けられた少女の体験が、周囲の大人たちのお喋りを通じて再生される、これは記憶をめぐる物語だ。旦那に出奔されたおばあちゃん、寡婦のマダム、出戻りの長女、不倫の恋に悩む次女、あまり器量のよくない末娘に、住み込みで働きながら銀幕スターを夢みる娘などで構成される「女の館」モナミ美容室でやり取りされる会話が絶妙だ。男性にはわからない女同士のお喋りの愉しさを、これほど活き活きと活字で再現できる作家は、金井氏をおいて他にはいないと思う。こうしたお喋りは時に「井戸端会議」と蔑(さげす)まれがちだけれど、この小説を読むと、教科書の歴史は男の会議によって作られたのだとしても、その行間を埋める生活の歴史は女の会話によって作られたのではないかと思えてくる。それほど彩り豊かな会話になっているのだ。かてて加えて、そうした会話の中に、今どきのそれと比べて断然ハイブロウな話題が時折混じることにもちょっと驚かされる。娯楽がそうはたくさんなかった時代だから、普通のお姉さんやおばさんたちもたくさん本を読んだり、映画を観ていたのだろうか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました