いろんなピクシー絵本が入荷しています。

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:ピクシー絵本

 


こんにちは、ブッククーリエ店長のToteです。
ものすごく暑い日が続きますが、みなさんご無事でしょうか。

各地に熱中症警戒情報が出ています。
こんなときは、エアコンの効いたお部屋で読書にはげむのがイチバンです。

そういうわけで、先日からブッククーリエ店頭には、いろんなピクシー絵本が入荷しております。

ピクシー絵本といえば、かつて1970年代に国内でも日本語版が発行されていました。いまの日本でのピクシーファンは、その当時に読者だった方たちが中心だと思います(長い時間がたちましたね)。

たしかに70年代のピクシー絵本には独特なかわいさがあり、いまでもコレクターアイテムとして非常に人気のあるタイトルも少なくありません。

ピクシー絵本が日本から去ってウン十年。

だからこそ、コレクション価値もつく一方で、ヨーロッパではドイツを中心に現在もピクシー絵本は発行され続けていて、それ以前に負けず劣らず良い作品がたくさんあります。

 

ブッククーリエ では、1980年以降に発行されたピクシー絵本(主にドイツ語版)もたくさん輸入していて、今回は、そんな新しめの作品が店頭に多く登場しています。このあとも、日本ではなじみがなかった、かわいいピクシー絵本が続々入荷する予定です。

 

このブログでも、おいおい紹介していきたいと考えております。

 

自分だけのお気に入りの絵本や未来のコレクターアイテムをみつけるのもいいですね。

ぜひ、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました