『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初版第5刷

兄の終い

最近読んだ本の中では文句なくNO.1。実話ですが、小説よりむしろ 「小説らしく」 書いてあります。

事実をありのままに書いただけなら、こうはなりません。事が事だけに、只々昏い話に終始したことでしょう。

事実の奥に、このエッセイには目には見えない物語があります。望まざる現実を前にして、それでも前に進もうとする強い覚悟が感じられます。そしてそれは故人に向けた、惜しみない愛ゆえのことなんだろうと。

何もかもが嫌いで、長い間疎遠にしていた兄が死んだこと。遠方で暮らしていた兄の遺体を引き取るために、5日間と決め、たった一人の身内である著者は、はるか東北の町へと向かうのでした。

一刻もはやく、兄を持ち運べるサイズにしてしまおう。憎かった兄が死んだ。残された元妻、息子、私 (いもうと)- 怒り、泣き、ちょっと笑った5日間。疎遠だった兄が54歳で脳出血で突然死した。離婚後、親権を得て育てていた10歳の息子が発見者だ。父母はすでに他界、唯一の大人の身内である著者に、警察署から遺体を引き取るよう電話がかかってきた。体を壊し、職を失い、貧困からはい上がることなく死んだ兄。金を無心されるなど迷惑な存在だった兄を著者は徹底的に避けて暮らしてきた。しかし、遺品を整理する中、兄が必死に生きていた痕跡を目にし、著者の気持ちは揺れ動く。兄を火葬し、住んでいた部屋を片付けた5日間の出来事をつづった実話。(CCCメディアハウス)

※これまで何人もの人の葬儀に立ち合ってきました。幸せだった

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました