【書評:1706冊目】親子で取り組む作文教室(山口拓朗)

書評総合
【作文は子どもの能力を伸ばす!】
伝わる文章の専門家・山口拓朗氏が、『親子で取り組む作文教室』と題して、「親子インタビュー」を使った、親子関係もよくなる「子どもの作文能力」が高まる方法を伝授する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
「作文嫌い」か「作文好き」か。
あなた(のお子さん)は、どちらのタイプですか?
 
本書は、作文が子どもの能力を伸ばすのにどれだけ役立つかを示しながら、「親子インタビュー」を使った「子どもの作文能力」が高まる方法を伝授する一冊。
 
作文と聞くと、夏休みの苦痛を思い出してしまいます(笑)。
同じような感覚になられた方も、多いのではないでしょうか。
 
ふり返ると、作文の書き方をきちんと学んだ記憶は意外と少ないことに気づきます。
「好きに書きなさい」と言われたのに、「もっとここをこうしましょう!」と”矯正”された印象が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました