「さいはての終末ガールズパッカー 1」藻野多摩夫 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは藻野多摩夫さんの「さいはての終末ガールズパッカー 1」です!ストーリー A内容は、何世紀も前に起こった戦争と寒冷化により滅びかけの人類。そんな数少ない人類の生き残りであるレミはある日、雪の下で眠っていたリーナというオートマタに出会う。姉妹のように育った2人は面倒を見てくれていたトニー爺の死をきっかけにエリシウムと呼ばれる楽園を目指すことに。ルート66という国道を旅する2人は果たしてエリシウムに辿り着けるのか。そしてリーナに迫るカウントダウンは…とこんな感じです!〜世界の果てまでふたりで〜藻野多摩夫さんの新作!「オリンポスの郵便ポスト」「できそこないのフェアリーテイル」とデビュー作から大好きな作家さんなので新作読むのすごく楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!終末!雪の世界!人間の女の子!オートマタの女の子!楽園へと続くルート66!別れと出会い!そして悲しくも美しくて優しい結末!全てが最高の一言!久しぶりにラノベ読んでこんなにワクワクしました!めっちゃ面白かったです!まず序盤。氷ついた世界観とレミの悲しい描写から物語は始まります。なにもかもが氷、雪に閉ざされ、太陽も人類も滅びかけの世界。そんな絶望的な世界でレミはオートマタのリーナに出会います。色々なものを失っていくレミがこうしてリーナと出会うシーンは、この物語の終盤を知ってから読かえすとじーんとくるものがありますね…そしてレミとリーナの面倒を見ていたトニー爺の死をきっかけに2人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました