夏休み企画〈書評でGo on a Trip!〉北欧編 – AR事務局による読書日記

書評総合
世界各地を〈書評〉で巡る〈書評でGo on a Trip!〉企画、続いては北欧編です!
北欧にGo!
【デンマーク】 ■多和田葉子『地球にちりばめられて』(講談社)
評者:沼野 充義
Hirukoはどうやら日本人らしいのだが、この物語にはそもそも「日本」という国名さえ一度も出てこない。彼女はデンマーク留学中に、自分の国がなぜか消えて帰れなくなり、アンデルセンゆかりの地、オーデンセのメルヘン・センターで紙芝居を子供たちに見せながら暮らしている。(この書評を読む)

『地球にちりばめられて』(講談社) 著者:多和田 葉子
【ノルウェー】 ■ラーシュ・ミッティング『薪を焚く』(晶文社)
評者:平松 洋子
ノルウェーの作家による"オールアバウト薪"。薪にまつわる実用と知見がぎっしり詰まった一冊(この書評を読む)

『薪を焚く』(晶文社) 著者:ラーシュ・ミッティング
【フィンランド】 ■トンミ・キンヌネン『四人の交差点』(新潮社)
評者:斎藤 環
この悲劇には、ロシアなどによって侵略を繰り返されてきた小国フィンランドの悲哀や、この国においてある種の愛の形が1980年代まで非合法であったという政治的な背景が関わっている。(この書評を読む)

『四人の交差点』(新潮社) 著者:トンミ・キンヌネン
【アイスランド】 ■トム・バーケット『図説 北欧神話大全』(原書房)
序章
北欧神話は、中世アイスランドでいち早く文筆の文化が花開いたおかげで文書化された。(この書評を読む)

『図説 北欧神話大全』(原書房) 著者:トム・バーケット
【スウェーデン】 ■ダヴィド・ラーゲルクランツ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました