【書評:1705冊目】最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方(堀田秀吾)

書評総合
【忘れるほど、脳は活性化する!】
明治大学教授・堀田秀吾氏が、『「考えすぎない」人の考え方』と題して、考えすぎるほど考える力は低下すると提起し、考えすぎずに最適な行動が取れるようになる方法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
人は何に突き動かされて生きているのか。
あなたはどのようにおもいますか?
 
本書は、「考えすぎない」ということをきっかけに、よりよい選択、よりよい行動が取れるようになる方法を解説する一冊。
 
学問の視点では、人間の行動原理はつぎのようになります。
『人はみな「不安」に突き動かされて生きている』と。
 
自分の命が「不安」だから、安心しようと必死に動く。
自分の生活が「不安」だから、一生懸命に働く。
 
不安を解消するために、必死に考えて、必死に行動する。
それが、人間の姿であり、人類の歴史なのです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました