『それはどっちだったか』(彩流社) – 著者: マーク・トウェイン – 星野 智幸による書評

書評総合

『それはどっちだったか』(彩流社) 著者:マーク・トウェイン
憎悪にとらわれ怪物化する凡人
マーク・トウェインが、ドストエフスキーら近代小説の本格派と並ぶ作家であることを示す、傑作である。晩年に書かれたこの未完の大作は、長らく不遇をかこってきたが、その内容たるや、現代の新作小説と言ってもよい。舞台は19世紀半ば、アメリカ南部の片田舎。名家のハリソン家は落ちぶれ、高齢の当主アンドリューは、もう一つの名家フェアファクス家の通称〈旦那〉に借金をしていた。だが紳士であったはずのアンドリューはその借金をニセ札で返そうとして発覚、再度の返済を要求される。後で〈旦那〉は自分の厳しさを恥じ、借金をチャラにしてニセ札も返すことを決めるが、行き違いが重なってハリソン家に伝わらない。一方で憎しみに心を支配されたアンドリューは正気を失い、あることないことを息子のジョージに吹き込む。やはり人格者として人望の篤(あつ)かったジョージは、その言葉に翻弄されるうち、自分の歯止めが外れるのを感じる。それは父が説く、意志の強い人間になるには、誘惑に身をゆだね、それに屈する経験を経る必要がある、という奇怪な理論の実践にほかならなかった。ジョージはフェアファクス家に忍び込んで札束を盗もうとするが、同じく盗みに入っていた自分の使用人と鉢合わせし、殺害してしまう。すぐに逃走したため、嫌疑は家主である〈旦那〉にかかる。以降、ジョージはさながら『罪と罰』のラスコーリニコフよろしく、ひどく怯え続けながら、いびつな理屈で内省し、自首する機会を失い続ける。ジョージが怯えているものの一つが、体面である。自らの犯罪が次々と無関係の人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました