『アトランティスのこころ』(新潮社) – 著者: スティーヴン キング – 豊崎 由美による書評

書評総合

『アトランティスのこころ』(新潮社) 著者:スティーヴン キング
五つの作品が収められたこの大きなひとつの物語の中には、スティーヴン・キング作品のテーマと魅力のすべてがある。少年時代の終焉、それに伴う喪失と再生の物語。善と悪の相克。なぜ、どこで、どうやって、悪は生じるのかという問いかけ。理想と幻滅。輝きと翳(かげ)り。暴力。そして恐怖。恐怖を抱えて生きていくことの苦痛。ここには、キング作品のすべてがあるのだ。なかでもっとも長い物語が、十一歳の少年ボビーのひと夏の経験を描いた「黄色いコートの下衆男たち」だ。親友のサリー・ジョンやキャロルと海に行く時に更衣室代の五セントすら出し渋る怒りっぽい母親と、狭いアパートメントで暮らしているボビー。ある日、彼は上の階に越してきたテッドという老人と知り合う。本好きのボビーは博識で読書家のテッドに惹かれ、しばしば老人の部屋を訪れるのだが、母親はそれを快く思っていない。テッドはボビーに頼む。「町で起きていることによく目をこらしておくれ」と。ペット探しの貼り紙や、石蹴り遊びの格子の横に描き添えられた謎めいた記号等。それらはすべて、自分を追っている「下衆男たち(ロウ・メン)」による暗号なのだ、とテッドは説明する。はじめのうちは妄想だと思っていたボビーだが――。『スタンド・バイ・ミー』を想起させる物語に、『シャイニング』や『デッド・ゾーン』を彷彿させるエピソードと〈暗黒の塔〉シリーズの設定を盛り込みながら、キングはストーリーテラーとしての技量を存分に発揮する。父親のいないボビーがテッドに抱く尊敬の念や深い愛情。初めての恋、初めてのキス。野球。大人の本の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました