『椿井文書―日本最大級の偽文書』(中央公論新社) – 著者: 馬部 隆弘 – 本郷 和人による書評

書評総合

『椿井文書―日本最大級の偽文書』(中央公論新社) 著者:馬部 隆弘
明らかな偽文書がなぜ今も「生きて」いるのか
確実な歴史資料=史料に依拠して、説得力ある解釈をし、論理的に仮説を構築する。かかる手順が歴史研究の基本であることは、研究者の共通認識である。史料の代表が古文書である。美術品に贋作があるように、古文書にもニセモノ=偽文書がある。一目でニセモノと分かることもあるが、巧妙に作られていて、判別の難しいものがある。また、ボス的な先生が本物として扱っている、所蔵者が有力で機嫌を損ねたくない等の事情で、これは偽文書だ!と大声を出せぬものがあったりする。江戸時代中後期に椿井政隆という怪人がいた。興福寺に連なる国学者で、その学識を駆使して大量の古文書を創作した。椿井文書とは、政隆が偽作した文書の総称である。中世に作成された文書を近世に写した、という体裁をとるため、古文書など知らぬ近世人はコロリと騙された。椿井文書は数百点に上り、近畿一円に分布する。そして、ここが肝なのだが、それらは現代においても活用され、文化財指定を受けたものまである。著者は大阪府枚方市の非常勤職員として地域史に取り組むうちに、ある土地の権利につき、時を遡って保証する内容を持つ偽文書に出会う。その文書を作成した人物こそ政隆であり、彼を調べていくと、次々と同じような偽文書が見つかった。政隆は近畿地方の土地争いがある場所に出没し、村人の求めに応じて、中世の古文書を偽作していたらしい。ではなぜ、科学的歴史学が発達した近現代にまで、椿井文書は「生きて」いるのか。本書はその謎に迫る。 この本は一つの文書群の真贋と正体を丁寧に明

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました