監修・スミソニアン協会『ビジュアルマップ大図鑑 世界史』(東京書籍)、佐藤猛『百年戦争』(中央公論社)、マイク・ラポート『ナポレオン戦争』(白水社) – 鹿島 茂による読書日記

書評総合
大図鑑世界史、百年戦争とナポレオン戦争
×月×日
一〇〇年前のスペイン風邪蔓延の過程を自分なりに分析した結果、新型コロナ・ウィルスも人の免疫力が上がる夏には一時的に下火になるだろうと予測したのだが、甘かった。東京だけで新規感染者が一日二〇〇人を超えた。政府の無策もあいまって、この調子では欧米並みの感染拡大になりそうだ。緊急事態宣言が再発令されるかもしれないので、その前にと、リアル書店に出向いた。ヴァーチャル書店だと思いがけない出会いがない。やはり、書店はリアルでなければ。そんな思いを強くしたのが、編著・DK社、監修・スミソニアン協会、日本語版監修・本村凌二『ビジュアルマップ大図鑑 世界史』(東京書籍 六五〇〇円+税)。これは凄い本だ。さすがはスミソニアン協会監修だけのことはある。正直言って、世界史を地図で見せる類いの本は少なくないが、本書は地図の中に時間をはめ込む編集技術が圧倒的に優れている。たとえば「ヴァイキング」のページを開けると、見開きページの左端に簡にして要を得た解説がある。右に眼を転じると、スカンジナヴィア半島を中心に北米、ヨーロッパ、地中海、黒海といったヴァイキングの征服地域全図があるが、その上には矢印と年号でヴァイキングの移動と時間的経過が示され、当該地点に「793年 ヴァイキングが初めて海を越えて、ノーサンバーランド王国のリンディスファーンにある富裕な修道院を襲撃する」というテクストがかぶる。この工夫は他の歴史地図と変わらないかもしれないが、優れた編集的レイアウトだと感じるのは、英仏を襲ったヴァイキングの進出経路を示す矢印と同じ色で、地図

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました