山田清吉・詩集「だんだんたんぼ」(抄)を読む

小説の書評と感想
 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、5番めの「だんだんたんぼ」(抄)を読み了える。 先行する同「田んぼ」全篇は、今月3日の記事にアップした。
 「だんだんたんぼ」は、2004年、紫陽社・刊。27編を抄出する。 「あのとき」は、軍靴に踏みにじられた女性、戦後パンパンとなった女性を、半世紀を過ぎながら、詩に化することによって、幻想的に昇華することで魂鎮めしている。 「ちょっとまて」は、父親を亡くした孫たちに、米を運ぼうとして、警察に捕まる媼を描く。「でものう 天子様にあげた命二ツ/息子二人をここに連れて来てくださらんか/そうすれぁこの米でも/己(うら)の命でも置いていきますげの」と、媼に成り代わって方言で歌うことで、戦争の悲惨と、戦後も相変わらずの官憲の愚をあばいて、絶唱である。 「人間であることが嫌になる今日此の頃」では、自衛隊によって憲法第九条を空文化し、海外派遣に至る頃を描いて、スローガン的ながら痛烈である。 自分の葬儀を想定した作品は、これまでの詩集と同じく混ざっている。 「雨の中の稲刈り」「足踏み脱穀機」「百姓の手」が、農民の苦しみを訥々と作品化した。写真ACより、「カーメンテナンス」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました