『行動する作曲家たち―岩城宏之対談集』(新潮社) – 著者: 岩城 宏之 – 辻井 喬による書評

書評総合

『行動する作曲家たち―岩城宏之対談集』(新潮社) 著者:岩城 宏之
対談は登場した人物の性格と思想によって作られる演劇的空間である。岩城宏之氏と十二人の音楽家の対談集『行動する作曲家たち』(新潮社刊)を読んで感じたのは、この至極あたりまえの事柄が内包している面白さであった。その理由のひとつは、彼が天衣無縫というか、何ものにも拘束されない自由な精神の持ち主だからであるだろう。黛敏郎氏からはじまって武満徹、湯浅譲二、石井眞木氏と続き芥川也寸志氏で終る作曲家は、周知のようにそれぞれ固有の感性に基いた音楽空間を創造している世界的な作曲家であり、彼等のいわゆる思想的立場、音楽と歴史社会とのかかわりあい方は、それこそ千差万別である。にもかかわらず、その誰とも全く屈託なく、お互に構えてしまうことなく会話が流れてゆく状況は、岩城氏の闊達な心の動き、通念を無視した旺盛な好奇心、総てのものの上に音楽への愛情を置く姿勢なしには実現不可能であったと思われる。例えば、いわゆる前衛音楽、現代音楽という呼称について彼は石井眞木氏との会話のなかで卒直な疑問を投げかけている。確かに前衛があるからには別に本隊がある訳であり、その本隊とは何かが問題にされなければならないはずだと読者は気付かされる。第二、この対談集が説得力を持っているのは、総ての登場者が常に現場からの声を発しているからであろう。現場離れをするほど議論が深くなるという、我国における思想への誤解はいつの頃から生れた歪みなのかと思わず考えさせられるのは、この対談集が意図せずに発揮している教育的効果のように思われる。第三の魅力の根源として、彼が一人一人の個

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました