「最弱無能が玉座へ至る 1 ~人間社会の落ちこぼれ、亜人の眷属になって成り上がる~」坂石遊作 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは坂石遊作さんの「最弱無能が玉座へ至る 1 ~人間社会の落ちこぼれ、亜人の眷属になって成り上がる~」です!ストーリー A内容は、様々な種類の異能と様々な種類の種族が共存する世界。15歳になっても能力が発動せずに落ちこぼれ扱いされるケイル。彼はある日、敵に追われる吸血鬼の少女・クレナに出会う。彼女の眷属となったことでケイルはどんな亜人の特性にも適応し眷属ながら最強の力を得るという能力に目覚める!落ちこぼれだったケイルが最強へ上り詰める学園ファンタジーの開幕!とこんな感じです!〜無能力の落ちこぼれが眷属なら最強?〜坂石遊作さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品となります。シンプルかつ王道な最弱が最強になる!という学園ファンタジーでした!面白かったです!15歳になっても異能が発現せず落ちこぼれ扱いされるケイル。学校では半ばいじめられ、剣姫と呼ばれるほどの異能の持ち主である妹のミュアとも比較され…ケイルの境遇はなかなか厳しいですね…そんなある日、敵に襲われている吸血鬼の少女・クレナに出会うことで運命が変わります!ピンチの彼女を救うために眷属になった(させられた)ことで能力に目覚めます!それは眷属ながら主をも超える能力を手にする力…その力で敵を追い払ったケイルは、転校生として学園にやってきたクレナと再会し彼女の護衛になることに!学園内で繰り広げられるクレナとの賑やかなやりとりは見ていてすごく楽しかったですね!吸血鬼ならではの吸血シーン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました