『あとを継ぐひと』(光文社) – 著者: 田中 兆子 – 角田 光代による書評

書評総合

『あとを継ぐひと』(光文社) 著者:田中 兆子
不可欠でなくても必要なこと
タイトルそのままに、家業のあとを継ぐ人たちを描いた短編集である。と、タイトルと同様にシンプルに説明することもできてしまうが、たんなるあと継ぎ問題だけが描かれているのではない。 おさめられた短編小説の舞台となるのは、客の入らない理容店、四世代続く麩(ふ)菓子製造会社、知的障碍(しょうがい)者の社員の多い事務用品の製造工場、老夫婦が酪農を営む牧場、性同一性障害の息子が女将(おかみ)をめざす老舗旅館、それから、ごくごくふつうのサラリーマン家庭、とさまざまだ。 オサダ理容店の店主である哲治は、息子の誠がまだ幼いころに離婚して以来、男手ひとつで誠を育ててきた。その息子は高校を出ると東京の相撲部屋に入門するも、怪我(けが)で引退を余儀なくされ、けれども実家には帰らず介護職に就く。二十九歳になった誠が、三年ぶりに実家の理容店に帰ってくるところから第一話がはじまるのだが、離婚の理由、その後の父と息子の暮らし、父親の意地、近所とのつきあい、じつに濃密なそれぞれの人生の断片が、みごとな手さばきであぶり出されていく。短い文章のなかにたちあがるのは、地方の町の、歴史に名を残しはしないが、確実にそこで歴史を刻んだ一軒の理容店であり、そこを支えたひとりの男の意地と葛藤であり、ひとつの家族のありかたである。無骨な父親にだいじにされ、近所の人やお客さんにかわいがられて育ったちいさな子どもが、がたいがよくて気持ちのやさしい男に成長し、そうしてゆっくり父親を追い抜いていく、その瞬間に読み手は立ち合うことになる。 そんなふうに、一編一編、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました