【書評:1698冊目】経営者のノート(坂本光司)

書評総合
【経営者はもちろん、就活中の方にも役立つ!】
経営学者・坂本光司氏が、『経営者のノート』と題して、8000社を見てきて気づいた”永続する企業をつくる絶対法則”を、100の指針にまとめて指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
働く上で大切にしている言葉。
どんなものをお持ちですか?
 
本書は、経営者に育み受け継いでほしい会社の「あり方」と「やり方」を、100の指針にまとめて指南する一冊。
 
経営者は、常にさまざまなことを考えます。
リーダーとして、悩み苦しみながら、決断をしていかなければなりません。
 
このときに助けとなるのが”言葉”です。
心の支えにしたり、判断の軸にしたり、言葉が行動(決断)を左右します。
 
つまり、「言葉が経営者をつくる」わけです。
そして、それはそのまま”社風”となって会社を社員を形づくっていくので

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました