「モネ画集」Kindle Unlimited版を見る

小説の書評と感想
 世界の名画シリーズより、「モネ画集」Kindle Unlimited版を見了える。 入手は、今月16日の記事、入手した4冊を紹介する(8)にアップした。これでその4冊の内、資料用の2017囲碁年鑑を除き、3冊をアップした事になる。
 またモネ画集として、今月12日の記事、「モネ傑作名画集」(25点)に次ぐ。
 世界の名画シリーズ、324点、413ページ。ハイライトやメモの機能はないが、栞機能がある。また目次より、該当の作品へ飛べる。 晩年のモチーフ、睡蓮の池でも念願の、睡蓮の池にかかる橋の数点にまみえた。橋は日本風の太鼓橋である。日傘の婦人はいない(それは別の絵である)が、モネの絵で最初に浮かぶ図である。 サラン・ラザール駅の連作、33枚の大連作ルーアン大聖堂を、僕は好まない。人間を含めて自然に、僕は親和性があるようだ。田舎に育ち、都会に馴染めず、田舎に生活している事と、相互性があるだろうか。 建築などにも美を感じるが、写真1枚で充分で、描き上げた連作に親近感を持てない。 モネ(1840年~1926年)は、68歳で視覚障害の兆候が現れ、72歳で白内障と診断されたが、その後に睡蓮の大連作に取り掛かっている。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました