『フジモトマサルの仕事』(平凡社) – 著者: コロナブックス編集部 – 平松 洋子による書評

書評総合

『フジモトマサルの仕事』(平凡社) 著者:コロナブックス編集部
「異能の人」の作品世界の扉をあらたに開く、記念碑的一冊
フジモトマサルさんに初めて会ったのは、90年代半ばだった。その場に五、六人が集っていたことは覚えているのだが、なぜか浮かんでくるのはフジモトさんの顔だけなのだ。くるっと大きな眼とお坊さんみたいな立派な頭蓋が鮮烈だったからだろうか。そのあと数年続いた交流のなかで、外国の家電に目がないんですと言っていたのも、なぜか忘れられない。以来ずっと、私の脳内では、秋葉原のヤマギワ電気の外国家電製品コーナーを徘徊しているフジモトさんの姿が固定化されている。五年前に亡くなった漫画家・イラストレーター、フジモトマサルの作品世界にずっと惹かれてきた。二本足で立って動く輪郭のくっきりとした動物たちが喋ったり、お茶を呑んだり、旅に出たり。彼らは動物の真の姿なのか、それとも動物の姿を借りた人間なのか、領域が茫洋(ぼうよう)としているのだが、いっぽう作品世界には奇妙な緊張感と強度が張り巡らされている。スタイリッシュで、ユーモラスで、どこかほの暗く、ブラックホールに吸引されるような快楽を味わってきたし、穂村弘、吉田篤弘、長嶋有など多士済々との共著にも親しんできた。2004年から二年間続いた筑摩書房のPR誌『ちくま』のカバーイラストも毎月待ち遠しかった……賛辞しか浮かばない。なのに、いなくなってしまった。慢性骨髄性白血病のため死去、四十六歳。本書は、多岐にわたった仕事を再録しつつ、異能の人の器量や魅力を解きほぐす一冊だ。絵。なぞなぞ。回文。漫画・装丁や装画。いずれ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました