「現実でラブコメできないとだれが決めた?」初鹿野創 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは作者さんの「現実でラブコメできないとだれが決めた?」です!ストーリー A内容は、現実でフィクションのラブコメを体験するためにクラス委員となりデータを集めて自身のラブコメに最もふさわしい登場人物を探す長坂耕平。そんな彼はクラス一の美少女・清里芽衣に告白するためにラブレターで彼女を呼び出すもやってきたのは全く面識のない女子・上野原彩乃だった。興奮してつい自分がラブコメを現実に成立させたいという欲望を彩乃に話してしまう耕平。しかし彩乃は意外にも耕平に協力すると言い出して…現実でラブコメを起こすラブコメの開幕!とこんな感じです!〜現実でラブコメしたっていいじゃん〜第14回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!数多くの名作青春ラブコメが多いガガガ文庫の次世代を担うにふさわしい新たな青春ラブコメが誕生しましたね!面白かったです!あとがきにもありましたけど、登場人物に名字は全部山梨県由来なんですね。勝沼…ワイン…飲みたい…閑話休題。さて、物語はフィクションのようなラブコメを現実でイベントとして発生させるために生きている耕平と彩乃の出会いから始まります。芽衣の靴箱に入れるはずだったラブレターを誤って彩乃の靴箱へin。その結果彩乃が告白場所に来てしまい、勢い余って顔も見ずに告白した結果彩乃にフラれるという…楽しいやつですね。耕平くん。そして現実でラブコメを、という目論見がバレてしまった耕平は彼女も自身のラブコメの登場人物として引き入れようとします。普通に考えたら彩乃は断りそうな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました