「写真の上達には近道がある」Kindle Unlimited版を読む

小説の書評と感想
 重盛明人「写真の上達には近道がある」Kindle Unlimited版を、タブレットで読み了える。 ダウンロードは今月8日の記事、入手した3冊を紹介する(9)にアップした。 これで同記事の3冊、すべてを記事アップした事になる。
 重盛明人・著、ごきげんビジネス事務局・発行、スターティアラボ・発売。年次・不明。 表紙の写真が上手くなる人の特徴・3ヶ条の内、いつもカメラを持ち歩く!は、僕には無理である。僕は車で移動するのだけれど、駐車中の車内は夏など、高温になる。カメラバッグを提げて、医院や歌会に出られない。 写真のテーマは、花にほぼ決まっている。シャッターを切る前にイメージを、という事もわかる。 この投稿をInstagramで見る 八重咲きのハイビスカスです。赤花、フリル付きです。#ハイビスカス#八重のハイビスカス#フリル咲き 新サスケ(@xinsasuke)がシェアした投稿 - 2020年 7月月28日午前1時13分PDT  7月28日に、インスタグラムへ投稿した写真である。八重のハイビスカス、赤花、フリル咲き。背景をボカスために、中輪だけれども、接写ではなく、望遠で撮り、ソフトでトリミングした。 「考えるより先に中心からはずす」と日の丸写真を戒めるけれども、「日の丸弁当もたまにはいいね」と提案している。直線あり、曲線ありと、結局、何でもあり、のような気がする。 花の咲く向きや、視線の前は、少しあけると良い、という事は納得できる。 花の写真をインスタグラムに投稿しており、花の写真のインスタグラマーをフォローしているので、いいね!の数も参考

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました