『教師という接客業』(草思社) – 著者: 齋藤 浩 – 齋藤 浩による前書き

書評総合

『教師という接客業』(草思社) 著者:齋藤 浩
昨年度の公立小学校の教員採用試験の倍率は2.8倍で過去最低を記録しました。もっとも倍率が高かった2000年度は12.5倍ですから、相当な落ち込み方です。また毎年、5千人前後の教員が心を病んで休職に追い込まれているという事実もあります。いま日本の学校で何が起こっているのでしょうか。本書は、長年にわたり公立学校で教鞭をとってきたベテラン教師が、いびつな「顧客志向」を押し付けられて苦悶する学校の現状をありのままに描いた問題提起の書です。今回は「はじめに」の抜粋を紹介します。 
教師の本来の「顧客」は誰か?
ご存じのように、近年では教師が絶対的存在ではなくなった。教師はただの人、学校もたんなる公的機関に過ぎないという風潮から、教育現場は大きくスタンスを変えざるをえなくなった。「学校は従来のような聖域ではなく、先生も聖職者と見られている時代ではありません。子どもや保護者が大いに満足できるように、サービス業としての視点も大事にしてください。揉めごとがないように、十分に気を配ってください」実際にある校長が教職員に言っていた言葉である。子どもや保護者を大切にするという考えに、異を唱える気は毛頭ない。サービス業──。少し前から学校でよく耳にするようになった言葉だ。ただ、どうしても引っかかるのは私だけだろうか。サービス業の根幹は「顧客の満足度を最優先に考えるという姿勢」である。デパートであれば顧客が必要とする品物を全力でそろえ、ホテルであれば顧客の要望を可能なかぎりかなえようと奮闘する。「ここまでやってくれるのか…&hell

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました