『気候と人間の歴史・入門 【中世から現代まで】』(藤原書店) – 著者: E・ル=ロワ=ラデュリ – 五味 文彦による書評

書評総合

『気候と人間の歴史・入門 【中世から現代まで】』(藤原書店) 著者:E・ル=ロワ=ラデュリ
『史跡で読む日本の歴史〈1〉列島文化のはじまり』(吉川弘文館) 著者:芳英, 玉田
歴史的事件に気象が与えた影響を探る
地球温暖化の問題が大きな現代的課題となっているが、歴史的にこの問題についてどう考えたらよいのだろうか。この点について、歴史と気候の関係を追究してきたフランスのアナール派の著者が、三十二の質問に答える形でわかりやすく記したのが『気候と人間の歴史・入門』である。まずは気候の歴史の研究法について幾つかの方法を提示する。樹木の年輪を介してその成長から調べる年輪年代学、次に葡萄の収穫日の研究、いかにもフランス人の研究らしい指標である。一七八九年から二〇〇〇年にかけてのブルゴーニュの葡萄の収穫日とパリの気温とは相関関係があり、高気温の時の葡萄は早期熟成で、冷涼期には収穫の遅延が起きているという。日本では桜の開花期がよく使われているが。続いて干魃(かんばつ)や降雨の時に行われる祈願祭、これはキリスト教文化圏らしいところであり、そしてよく知られているのが氷河の研究や花粉の研究である。一六五九年に温度計が利用できるようになってから、気候と歴史的事件との関係がよくわかるようになった。そこから歴史的事件に与えた気候の影響をよく知ることができるようになった。そんなところから、気象条件がフランス革命の勃発に何らかの役割を果たしたのか、という質問に答える。「因果関係について語ることはよしましょう。それは単純化であり、滑稽でさえあります。」と前置きし、因果関係を性急に求めることを慎むとともに、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました