「君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る」零真似 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは零真似さんの「君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る」です!ストーリー A内容は、空に世界時計という巨大な砂時計が浮かび天獄と地国に分かれる世界。地国で暮らす死者のデッドはある夜、天獄から降ってくる1人の女の子と出会う。ファイという彼女に恋をしたデッド。しかしデッドは死者であり、ヒトであるファイとの恋は実らない。彼女が天獄に戻れるようになる天地返りの日まで地国のゾンビからファイを守ることに決めたデッドだが、世界を揺るがす危機に巻き込まれていき…とこんな感じです!〜死者とヒトのボーイ・ミーツ・ガール〜第14回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作!角川スニーカー文庫からデビューした零真似さんの作品です。どこまでもまっすぐにデッドとファイの恋を描いた素晴らしいエンタメでした!面白かったです!まず世界観がすごくいいですよね!空に浮かぶ巨大な砂時計・世界時計。全ての砂が落ちきると天地返りという現象が起きて上下が入れ替わる。天獄にはヒト、生者が住み、地国には死者やゾンビが住む…幻想的なのにどこかリアルさがある世界観でしたね!物語は死者であるデッドがヒトであるファイと出会うところから始まります。空から女の子が降ってくるのって王道を通り越して古典的ですらありますけど、こういう風に描かれるとグッとお話に引き込まれますよね。最初は死者であるデッドをゾンビと勘違いし、襲われると思って逃げ出すファイ。しかし彼女に恋をしてしまったデッドの説得もあり、ゾンビだらけの地国で彼女を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました