『反穀物の人類史――国家誕生のディープヒストリー』(みすず書房) – 著者: ジェームズ・C・スコット – 中村 桂子による書評

書評総合

『反穀物の人類史――国家誕生のディープヒストリー』(みすず書房) 著者:ジェームズ・C・スコット
『消えゆくアラル海』(藤原書店) 著者:石田 紀郎
農業は自然と向き合っているか
一見無関係に見える二冊をたまたま同時に読み、現代文明がもつ自然との向き合い方を考えた。切り口は「農業」と「国家」である。人類は農業革命によって原始的な狩猟採集生活から脱却し文明への道を歩み始めたとされ、そこには定住生活こそ魅力的であり、それが国家を生み出したという前提がある。そこでの狩猟採集民は、「未開で、野生の、原始的な、無法の、暴力的な世界」にいるとされ、闇雲に山野を駆け回る姿で描かれる。実際は協働で堰(せき)や罠を作り、獲物を乾燥したり、更には野生種の穀草を育てるなど計画的に動いていたことがわかっている。『反穀物の人類史』は、「種としての夜明け以来、ホモ・サピエンスは動植物種だけではなく環境全体を飼い馴らしてきた」とし、狩猟、採集、遊牧、農耕は組み合わされて「人間による自然界の再編という巨大な連続体」の上でわずかずつ滲み出してきたという見方を示す。その中での定住である。一万二〇〇〇年前には永続的な定住、農業、牧畜が登場したが、それは農業革命に直接つながりはしなかった。一つには農業が重労働だったからだが、最大の問題は集合生活に見られる疫病だ。流行が始まると人々は移動し狩猟を始める。その間数千年の歴史を追うと交易なども始まっていくのだが、上手に生きようとする試みは、農業革命、更には国家の形成へとはなかなかつながらないのである。現在の文明へとつながる国家の登場は、紀元前三一〇〇年頃と著者は書く。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました