ねずみとぞう #ピクシー絵本

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:神話・伝承全般


 



 

ぞうさんが出てくるイソップ童話のピクシー絵本です。

「ねずみとぞう(Die Maus und der Elefant)」。

 

とてもキレイな絵本なんです。

 

あるところに、とてもプライドの高いねずみがいました。

ある日、通りで大きな大きなぞうに出会います。

 



 

ぞうさんは美しいお姫さまや家来、ペットの動物たちを乗せ、りっぱに飾りつけられています。街ゆく人たちも ぞうさんのりっぱさに感心していました。

 



 

これを見たねずみは、プライドの高さから「体が大きなだけで、なんで あんなにチヤホヤされるんだ!」と、さんざん毒づきます。つまりは、うらやましいのです。

 



 

そんなところへ、お姫さまのペットのねこが飛び出してきて、

 



 

ねずみは命からがら逃げおおせました。

かっこ悪いねずみですね。

他人をうらやんだり妬むのは、よくないということです。

 

シンプルな寓話なのですが、大人っぽいイラストがとても美しく、リバティプリントを思わせます。

 

特にキレイなのが、扉ページと最終ページ。

ショップの方でもご覧ください。

 

 






リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました