最悪のタイミングでGoToキャンペーン実施と連休突入、新型コロナウイルスは全国に拡散(金融日記 Weekly 2020/7/17-2020/7/24)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1572.96, -0.1% (1w), -8.6% (YTD)Nikkei225: 22751.61, +0.2% (1w), -3.8% (YTD)S&P500: 3215.63, -0.3% (1w), -0.5% (YTD)USD/JPY: 106.05, -0.9% (1w), -2.4% (YTD)EUR/JPY: 123.58, +1.0% (1w), +1.4% (YTD)Oil(WTI Futures): 41.34, +1.8% (1w), -32.5% (YTD)
 23日木曜日は海の日、そして、24日金曜日はスポーツの日であったため、日本は四連休であった。しかし、ただの連休ではない。これから新型コロナウイルス禍で取り返しがつかない領域に入りつつある、大きなターニングポイントであったように思う。本来なら開催されていたはずの東京オリンピックのために作られた4連休であったことを思うと、なんとも象徴的である。
 この新型コロナウイルス禍を太平洋戦争に例えるなら、さながら、3月下旬から5月にかけて、小池百合子都知事の「感染爆発の重大局面」、志村けん訃報、安倍首相緊急事態宣言による全国自粛ロックダウンにより一気に全国のコロナ感染者をほぼゼロになるまで封じ込めた初戦が、真珠湾攻撃の快進撃であり、再び感染者が指数関数的に増加している真っ只中でGoToキャンペーンによりこの連休に突入してしまったのは、戦略目的の二重性により敵の攻撃に臨機応変に対応できず主力艦隊のほぼすべてを喪失してしまったミッドウェー海戦となろう。政局的にも、安倍内閣の支持率は大きく

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました