『折口信夫伝』(筑摩書房) – 著者: 岡野 弘彦 – 橋爪 大三郎による書評

書評総合

『折口信夫伝』(筑摩書房) 著者:岡野 弘彦
古代を追い、神道再生を目指す
日本民俗学を偉大な学問たらしめた折口信夫。柳田国男の蔭にかくれがちな実像を、晩年の足かけ七年を身近に過ごした岡野弘彦氏がまとめた浩瀚(こうかん)な伝記である。折口は大阪の篤信の浄土真宗の家に生まれ、天王寺中学に進む。家庭の事情で≪少年期から青年期にかけて…痛々しいほどの自虐的な苦悩≫を抱えて過ごす。後年何人かの弟子とは≪世間では常識的なホモセクシュアリティの関係≫と考えられる間柄となった。孤独な想像力を膨らませ、≪天才的な古代への遡源(そげん)力や復元力に基づく学問≫を独創していく。歌人・釈迢空としてもアララギ派の流れをくみ、生涯和歌を詠み続けた。最初の仕事は『口訳万葉集』。万葉集の歌を一首ずつ、咀嚼し口語に直していく。心性を古代と同調させないとできない仕事だ。「妣(はは)が国へ・常世(とこよ)へ」では、海の彼方の異界に想いを馳せる。折口の旅は柳田によると、≪聴いても身が縮むやうなつらい寂しい難行の連続であつた≫。熊野の大王崎の突端に立ち、海原の涯に魂のふるさとがあると感得した。神は本来「まれびと」だと喝破した。祖霊とみる柳田とも、国家神道の定説とも異なる。異人が共同体の外からやって来る。客人だが、脅威でもある。折口は、高天ケ原より出雲の神々、ことに孤独なスサノヲに共感する。古代の心性は文学でなければ捉えられないと、大津皇子の死霊をめぐる小説『死者の書』を著す。国文学の発生を終生のテーマとした。≪三十代から四十代にかけての数年間、コカインを≫用いた。精神を集中させ論文を書くためだ。同居し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました