『図典「大和名所図会」を読む: 奈良名所むかし案内』(創元社) – 著者: 本渡 章 – 本郷 和人による書評

書評総合

『図典「大和名所図会」を読む: 奈良名所むかし案内』(創元社) 著者:本渡 章
江戸の“旅行ガイド”で旅気分を味わうもよし
このコラムは歴史絵画を好んで取り上げてきた。その理由は「百聞は一見にしかず」。どんなに言葉を尽くして説明するより、視覚的に「こうです」と訴えた方が効果的、ということが多いからだ。だが、今回はちょっと様子が異なる点がある。江戸時代になると、庶民は旅行を楽しむようになった。道路は整備され、警察機構が設置され、道中はかなり安全になった。人々は名所旧跡を旅して、見聞を広めた。観光の誕生である。この趨勢を後押ししたのが、多く出版された名所案内記だった。本書はその白眉『大和名所図会』(1791年刊行。以下、『図会』と呼ぶ)に基づく。『図会』の著者は秋里籬島(りとう)、絵師は竹原春朝斎。二人は『都名所図会』でもヒットを飛ばした名コンビで、とくに秋里は時代を代表する名所図会作者の一人だった。『図会』には現在の奈良県各所の社寺境内の鳥瞰図、自然や旧跡の風景図、習俗や名産、年中行事の描写、故事・伝承をもとにした絵物語など、さまざまに趣向を凝らした絵画が収録される。秋里と竹原は徹底的な現地主義を採り、綿密な打ち合わせを経て、『図会』を世に送り出した。ところが、このうち「故事・伝承をもとにした絵物語」に落とし穴があった。大和地方は長い歴史を有している。そのため、故事や伝承は遥か昔、古代のもの。過去の世を秋里も竹原もよく知らない。そのため、古代人の姿かたちが江戸時代人と同じように描かれる。これが何ともユーモラスである。特筆すべきは本書の著者、本渡章氏の文章

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました