『あいたくてききたくて旅にでる』(PUMPQUAKES) – 著者: 小野 和子 – 堀江 敏幸による書評

書評総合

『あいたくてききたくて旅にでる』(PUMPQUAKES) 著者:小野 和子
全身で聞く<むがすむがす>の真実
山深い土地を、あるいは海辺の小村を訪ねて、古老たちに、あなたの知っている昔話を聞かせて下さいと頼んでみる。研究をしているわけではない。ただ聞きたいという、やむにやまれぬ衝動に駆られてはじめたことだ。本書は一九六九年から半世紀近くにわたって、宮城県内で著者が行った聞き取りの、ほんの一部をまとめたものである。昔話を聞いてまわることを「採集」とも「採話」とも呼ばず、あえて「採訪」と表現するのは、「≪聞く≫ということは、全身で語ってくださる方のもとへ≪訪(おとな)う≫こと」だとの認識に立っているからだ。めぼしい話をただ並べるのではなく、≪聞く≫人としての自分がどのように踏み迷い、どのように成長してきたのかを示さなければ、語り手に対して礼を失する。聞く人と聞かれる人の関係しだいで、立ちあがる言葉の密度と温度は変わってくるのだ。ただし、「採訪」することと、聞いた話を咀嚼して他人に伝える作業はべつものである。聞くための覚悟に加えて、第三者に書いて伝える重さも生じてくる。心を揺さぶられる出会いが記されていても、そこに甘えはない。あたりはやわらかいけれど、文章は中途半端な気持ちでは巻き取ることも切ることもできない丈夫な糸のようで、ところどころスチール弦のような硬い音を返してくる。その硬さを支えているのは、聞き取りの現場で得た「血の吹き上がる現実に支えられて、そこに物語は呼吸して生き続けてきたのだという実感」である。各地に残る昔話や民話が『古事記』や『日本霊異記』などの記載文芸に源を持つ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました