『ぐうたらな自分を変える教科書 やる気が出る脳』加藤俊徳

ビジネス書の書評と感想
やる気が出る脳
やる気が出ない。そんなときはありますよね。
本書では、やる気が出やすくなるような脳になる方法などについて書かれています。
脳を変えていって、やる気が出やすい脳にする方法などがわかります。
 『ぐうたらな自分を変える教科書 やる気が出る脳』加藤俊徳

ぐうたらな自分を変える教科書 やる気が出る脳
作者:加藤 俊徳
発売日: 2020/05/22
メディア: Kindle版

Amazon
楽天

『やる気が出る脳』の目次 
第1章 やる気が出ないのにはワケがある第2章 やる気を妨げている脳番地を鍛えよう第3章 やる気は脳覚醒で大きくなる第4章 やる気を生み出す日常のコツ第5章 身体を動かすとやる気がついてくる第6章 やる気の基本は欲求に正直になること
『やる気が出る脳』のここに注目・言葉・名言
「もともとの遺伝による差も一部存在しますが、基本的によく使う脳番地は発達がよく、あまり使わない脳番地は発達が未熟です。
 活動的な人は全体的にこの枝振りがよく育っていて、やる気が出ない人は全体的に未発達な脳番地が多くなります。 全体的に未発達ということは、個性らしい個性が育っていないとも言えます。 しかし、この未発達な脳番地を伸ばしていくことで、誰でもエネルギッシュな人になれるのです。」(p.27)
未発達な脳番地を伸ばしていく
脳を鍛える。
脳は変わると言われますよね。
 
しかし、鍛えていないと、変わらないというか、良くはならないですよね。
ということで、本書では、脳を鍛えて、やる気になりやすい方法などを教えてくれています。
毎日一定以上の距離を歩く
「歩

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました