夏の4連休初日は自宅で仕事して過ごしたり 少しずつ本が読めるようになって嬉しい一日 [日記 2020.7.23]

書評総合
2020年7月23日(水)の日記。
今日から夏の4連休。
もともとはオリンピックの開会式があったりで日本中が大騒ぎになるはずだったのが、コロナのお陰で静かな日々。
僕はテレビもないし、オリンピックがあってもなくても生活は変わらなかっただろうけど。
というわけで4連休は何も予定を入れなかったので、海街で静かに暮らす予定。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

今日の一面TOP ようやく本が読めるようになってきた
4月くらいから全然本が読めない状態が続いていた。
6月は本を開くことすらしなかったが、今月になってちょっとずつ開けるようになってきた。
まだまだ全然読むのも遅いし、開けない日もあって、ノロノロしている。
まずは今月中に1冊読み終えて書評を書くところまでいきたい。
そして来月は2冊、9月は3冊という感じで、ちょっとずつリハビリできたらいいね。
読みたい本はいっぱいあって買いたいのだが、買っても読まないなら無意味なので、買わずにAmazonの「あとで買う」にどんどん放り込んでいる。
今日はこんな一日
会食明けの体重は0.4kg増にとどまり良かった
▲ 前日のランチ会食でしっかりイタリアン食べたが、体重は0.4kg増の微増で済んで良かった。
次の会食は来週月曜日なので、それまでに78.5kgの関門を突破しておきたい。
梅雨空はいつまで続く朝の海
▲ 朝の海は今朝もしっかりどんより。
 
▲ 連休のせいかサーファーが多め。
 
▲ 梅雨明けのあとは猛暑になるという予測

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました