【書評:1694冊目】結果を出し続ける人が夜やること(後藤勇人)

書評総合
【結果が出ないなら、行動を変えよう!】
結果を出す夜活トレーナー・後藤勇人氏が、『結果を出し続ける人が夜やること』と題して、夜の使い方で明日が変わると提起し、効果を発揮する45個の夜ワークを指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
夜の時間。
有意義に過ごせていますか?
 
本書は、夜をどう過ごすかで”結果”が変わると提起し、結果を出し続ける人が共通して実践している45個の夜ワークを指南する一冊。
 
今のあなたは、昨日までの行動の”結果”です。
結果が出ていると感じるか、感じないか・・・。
 
後者であるなら、行動を変えなければなりません。
結果は行動によってしか生まれないからです。
 
このとき、盲点になるのが「夜時間」だとおもいます。
行動を変えるというと、朝時間の活用や仕事の生産性向上など、朝や昼の行動に意識が向いてしまう

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました