【書評:1693冊目】9割捨てて10倍伝わる「要約力」(山口拓朗)

書評総合
【答えは、要約の中にある!】
伝わる文章の専門家・山口拓朗氏が、『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』と題して、要約することで本当に伝えるべきことが明確になると提起し、要約力を磨く方法を伝授する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
簡潔にまとめて伝えること。
あなたは得意ですか?
 
本書は、最短・最速で”伝わる”コミュニケーションの実現に必要な「要約力」の磨き方を、情報収集→情報整理→情報伝達の3つのステップに分けて伝授する一冊。
 
要約力とは、情報のポイントをつかみ、場面に応じて、簡潔かつ論理的にアウトプットする能力のこと。
この説明を聞いて、あなたはどう感じますか。
 
頭では理解できるけど、心には響かない。
こう感じられる人が多いとおもいます。
 
では、こちらの説明はどうでしょうか。
要約力とは、「死んでもこれだけは言ってお

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました