情報発信者は自分の価値観と価値基準を遠慮なく発信して尖ろう

書評総合
情報発信をする人は、自分の価値基準を持つことが求められます。
それは政治的メッセージとかイデオロギーなどに限ったことではありません。
日常の些細なことでも、ちょっと嬉しかったことでも、何かを発信するということは、自分の価値を人に伝えようとしていることに他ならないのです。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

自分の価値観や価値基準をどんどん発信しよう!!
たとえばあなたが読んだ本がとても面白くて勉強になったと思い、「この本がすごく良かったよ!」という記事をブログやSNSに書く。
それは、あなたが感じた価値を人に伝える行為そのものです。
ブログでもSNSでも、あなたの発信を読む読者がいます。
読者の人数が多いか少ないかは人によって差がありますが、それは問題ではありません。
 
 
あなたが「この本は面白いよ。オススメだよ」と書いた投稿を読んだ人に、あなたは影響を与えるのです。
実際僕はSNSやブログで知人やフォロワーが奨めている本を買うことが良くあります。
最近はAmazonなど通販で本を買う機会が多くなりました。
特に鎌倉の海街に引っ越してからは大規模の書店がないので、通販で買う比率が高くなっています。
通販で本を買う最大のデメリットは「ぱらぱらと眺めて確認して買うことができない」ことですよね。
あと、同じ分野の本がずらっと並んでいるのを背表紙や表紙をチェックしながら選ぶことも難しい。
そうなってくると、知人やフォロワーがすでに読んで「面白かった!」と奨めている本は「アタリ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました