『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』(左右社) – 著者: コーリー・スタンパー – 中島 京子による書評

書評総合

『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』(左右社) 著者:コーリー・スタンパー
常に動き、変化する言葉への考察
本書は、辞書作りの悪戦苦闘を開示してくれるエッセイで、著者はアメリカで最も歴史ある辞書出版社、メリアム・ウェブスターの社員編纂者である。この只者ではない辞書編纂者の、博識、自虐、ユーモア、言葉への深い愛と洞察に、笑わされ、泣かされ、はっとさせられて、巻擱(お)く能(あた)わず読み進んでしまう。一つの言葉の語釈にたどり着くために、辞書編纂者はラテン語から古代英語から、はてはティーン向けベストセラー「トワイライト」シリーズまで隈なく目を走らせる。そして、ハリー・ポッターから生まれた新語「muggle<マグル>」が最高裁判決の反対意見陳述で使われていることや、ワルが使うイメージのある「ain′t」をジェイン・オースティンが使っている事実を探り当てたりする。若者言葉と思われがちな「頭字語」の代表選手「OMG(Ohmygod!の略)」の初出は、なんと1917年、ウィンストン・チャーチル宛の手紙の中だという。いつの時代の何が定着するのかも謎で、「OK」は「ollkorrect」の略で、「故意に間違えた綴りから略語を作るという、19世紀初頭にいっとき流行った遊びから、“allcorrect”<すべて正しい>の綴りを面白おかしく変えた」のだそうだ。ただし、こうしたトリビアの罠は、真実よりもおもしろさに軍配が上がること。サンドイッチ伯爵がサンドイッチを作ったという説などはどうも眉唾らしい。泣かせるのは「bitch」(アバズレ、メス犬などと訳され

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました