『空を見てよかった』(新潮社) – 著者: 内藤 礼 – 中村 桂子による書評

書評総合

『空を見てよかった』(新潮社) 著者:内藤 礼
ひとりひとりに与えられた空間
包みから2センチほどの厚さの純白の本が出てきた。右端に小さく銀色に光る文字が置かれている。新型コロナウイルスの感染拡大によって、普通の暮らしができなくなり、重苦しい気分になっていたところに、思いがけない贈り物が届いたと思えた。開く前に、手を洗った。ウイルス感染を避けるために行っている手洗いとは違って、心の置き場所を変えるための儀式として丁寧に洗い、真っ白い表紙を開いた。
ひかり あさ まばたき ふとんりんご やま かけあし のはら
何でもない言葉だけれど、ああ私はこんなふうに暮らしているんだ、いや、暮らしたいんだと再確認し、気持ちが落ち着いた。内藤礼の作品に初めて触れたのは2001年。瀬戸内海に浮かぶ直島の≪このことを≫家プロジェクト「きんざ」である。古い家屋の天井や床を除いた建物の中に一人で入り、15分間観賞する。外壁の下側にある小さな明り取りから入る自然光が、少しずつ動いていくのが心地よかった。この作品につけられた言葉が本書にある。「生まれて来るひとはひとり、足をそろえ、足先だけを見つめ、それは一心に降り立つ。と、そのためらいのない着地に、はからずも自らの影とともにひとつの空間が生まれ、以来そのひとは、ごくわずかな広さともいえない、けれども、永遠に独自の、立つための地上の大きさを受け持つ」ひっそりと、しかしわたしとして自分の足で立っていたいと願う者には、わたしの空間が与えられるのである。そこに答えがあるわけではないのだが、与えられてよかったと思える空間である。東日本大震災の後、著者は初めて「ひと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました