『宗教が往く〈上〉』(文藝春秋) – 著者: 松尾 スズキ – 豊崎 由美による書評

書評総合

『宗教が往く〈上〉 』(文藝春秋) 著者:松尾 スズキ
なかなか本編が始まらない。まったく終わる気配がない。松尾スズキが今はなき『鳩よ!』という雑誌で小説連載を始めた五年前から今日に至るまで、数多の松尾ファンは心配に心配を重ねてきたものなんであります(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2004年)。あ、松尾スズキが何者かと申しますと、超人気劇団にして、脚本家・宮藤官九郎や役者・阿部サダヲなど超有望な人材を排出、じゃなくて輩出した大人計画の作・演出家の名前なんですけどね。世間では知る人ぞ知るの域を超えて知らぬ人とて知れ的な人物、そう思っていただければ幸いなんでございますの。で。松尾スズキ本人の中編小説といって通るくらい長い恋愛譚が前置きにあって、なっかなか本編に入っていかない、この『宗教が往く』という長編小説なんですけどね。きれいなものしか見たくない、心癒される話しか聞きたくない、盲導犬クイールが死なない物語が読みたい、世界の中心で愛とか叫んでみたいと思っておられる方には、とてもおすすめできる作品じゃないんですよ、遺憾ながら。フクスケという異様に頭のでかい人物の出生から、彼が大人計画を彷彿させるような劇団を創設し、やがてそれが宗教団体へと変貌を遂げ、テロ戦争に突入し破滅するまでを、エボラ熱よりも凶暴なヒヒ熱が蔓延する東京を舞台に描くこの必死なラブストーリーは、生ぬるい世界認識をきっぱりと拒絶。ダメなものは、どこまでいってもダメじゃん。醜悪さをないものにはできないじゃん、だって実際存在するんだから。そういう至極まっとうな厳しい認識を前提にしているからこそ、汚濁の底に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました