「女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。 1  」杜奏みなや 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは作者さんの「女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。1」です!ストーリー B内容は、8年前に長野県のある村でひとりぼっちの陽南を助けてくれた佑月。彼女のかっこよさにあこがれ初恋をした陽南だが時間が経つにつれそれは思い出となっていた。そんなある日、陽南の住んでいた寮が壊れて別の寮へ移動することに。そこで同室となった女の子が8年前に初恋をした相手・佑月だった。ちっちゃくてかわいい当時とは異なる佑月。そんな彼女に抱いているこの思いは…とこんな感じです!〜初恋の人と再会〜電撃文庫7月の新作。作者の杜奏みなやさんの作品は初めてですね。端的に言って文章が合わなすぎて無理でした。なんていうか文章が粘着質。とにかくベタベタとしつこい。夏の湿気か何かですか?って感じ。そんなにたらたら書く必要ある?って感じの「……」三点リーダと「ーー」ダッシュを多用した文。そんなにうるさいキャラじゃないだろうに、たらたら長い陽南の一人称視点の地の文。一文も意味もなく長いですし、とにかく読んでいてクドさばかり感じます。多分ですけど、こんなクドい文章じゃなければ半分くらいのページ数で終わりますよね?文章は全体的にエモくしようとして失敗した感が半端ないです。そしてエモくないですし、多分こういう文章が合う作品ではないと思います。物語自体はストレートに百合を描いているだけに、文章がとにかく合わなくてひたすら微妙でした。キャラ Bなんか全員掘り下げ方が中途半端。キャラをどういう風に見れば、読めば、魅力

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました