『心の進化を語ろう: 比較認知科学からの人間探究』(岩波書店) – 著者: 松沢 哲郎 – 村上 陽一郎による書評

書評総合

『心の進化を語ろう: 比較認知科学からの人間探究』(岩波書店) 著者:松沢 哲郎
前例ない多様な対象への成果凝縮
副題が「比較認知科学からの人間探究」とある。それで、本書のテーマは語り尽くされているが、そもそも「比較認知科学」とは、と本書を繙(ひもと)けば、まあ、何と多様で刺激的だろうか。多様さの最も判り易い側面は、本書への寄稿者が、編者を含めて実に五十四人に亘(わた)るという、ちょっと類書にない点だろう。それだけ多様な観点が必要であり、研究の進行につれて、観点の拡大があったのだろう。もう一つ、人間比較の対照者として選ばれた対象は、編者の専門からすればチンパンジーであろうとは、誰もが予想するところだが、どうしてどうして、本書には、チンプはもとより、ボノボ、ゴリラ、オランウータンなどのヒト科、霊長類のニホンザルばかりか、哺乳動物のイルカ、ウマ、コアラなどさえ越えて、鳥類までが登場する。これだけでも、書き手が大勢に広がるのは当然だろう。もう一つ、こうした方法論からだけでも判る本書の基本姿勢に触れておこう。ヒトは、いやここは、人間は、と書くべきだろうが、生命界のなかでの特別な存在である、という通念は、進化論以降の現在でも、また宗教的な理念を除いても、抜きがたく常識のなかに存在する。その根拠としては「こころ」の働きが前提とされている。それこそが、近代哲学の起草者デカルトが、紛れなく主張し得た(と思った)ところであった。本書では、ヒトも含めてすべての生物が、完全にフラットな地平の上に並べられている。勿論、それぞれの生物には、独自の生活圏があり、より根源的には独自の認知圏とでもいうべきも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました