『イスラーム学』(作品社) – 著者: 中田 考 – 橋爪 大三郎による書評

書評総合

『イスラーム学』(作品社) 著者:中田 考
本質は“真のグローバリズム”
イスラーム学者でムスリムの中田考氏の論文集。新旧二五編の論文が、イスラームの本質を多面的に描き出している。中田氏がまず強調するのは、西側の知識の歪みだ。オリエントとはかつて、イスラーム世界のことだった。そこにインドや中国、日本も加えて「東洋」とひとくくりにした。多様な世界に「非西欧」のレッテルを貼った。この歪みを告発したのがサイード『オリエンタリズム』。だがイスラームの地域研究者はイスラームという宗教に正面から向き合うのを避けたままだ。それで歪みを正せるのか、と厳しく著者は問いかける。本書を通じて中田氏は、十字軍の時代の大法学者イブン・タイミーヤに光を当てる。独自の言語論に基づき、当時の法学や神学がイスラームの原則から逸脱していると批判した。その業績は傍流にとどまったが、イスラーム世界を現代に復興するヒントに満ちているという。そして本書の山場は、イスラームの政治論だ。古典イスラーム国法論、現代スンナ派政治思想、現代シーア派政治思想、現代カリフ論を順に論じて行く。目を開かれる指摘が多い。たとえばイスラームに秘伝はなく、クルアーン(コーラン)とハディース(ムハンマドの言行の伝承)にすべて記されている。イスラームの宣教が届かず無信仰のまま死んでも救済される可能性がある、などなど。シーア派とスンナ派はどう違うか。シーア派は、預言者ムハンマドの後継者はイマームで、アッラーの選んだ無謬(むびゅう)の存在だとする。スンナ派は、ムハンマドの後継者はカリフで、選挙か前任者の指名で選ばれ、世俗の統治

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました